犬の病気
2022年01月25日

犬の脳炎。余命にかかわる疾患の症状や好発犬種などを解説。

犬の脳炎はときに余命にかかわる重篤な症状を引き起こす疾患です。脳や神経や、髄膜といわれる組織に炎症がみられ、パグなどの特定の犬種で好発するものも知られています。脳炎の症状や原因、動物病院でおこなえる検査や治療、ターミナルケアについて解説します。

この記事の監修者

増田 国充 氏

獣医師、防災士、2001年北里大学卒 2007年ますだ動物クリニック開院。診療に東洋医療科を加え、鍼灸や漢方による専門外来を実施。運動器疾患に対して鍼灸による治療を積極的に取り入れ、県内外から症例に対応する。また、鍼灸・漢方等で国内外で講演を実施。動物看護系専門学校非常勤講師兼任。
プロフィール詳細を見る

犬の脳炎とは?

犬の脳炎は脳や背骨に走る太い神経である脊髄、そしてそれらの中枢神経を包む重要な膜組織である髄膜に炎症が引き起こされる疾患です。いくつかの脳炎ではパグやマルチーズをはじめとした好発犬種を持ち、遺伝性の要因が示唆されるとされています。

生命の維持に非常に重要な役割をもつ中枢神経に異常がみられる脳炎は命に関わる症状を引き起こすことがあり、また発症しやすい年齢が4歳や4~8歳の若、中齢であると報告されており、余命に大きく関係する疾患だといえるでしょう。

脳炎にはさまざまな種類が知られており、免疫性疾患とよばれる体外の異物を排除するシステムの異常による炎症や、細菌やウイルス、寄生虫などの感染症が原因となるものがあります。

一方、脳炎には免疫性疾患の一種だと考えられているが発症の詳しい原因が良く分かっていない特発性の疾患が多く含まれています。

犬が脳炎になってしまったとき

脳炎の症状

犬の脳炎では中枢神経に異常がみられることによる全身症状や知能や感覚の障害がみられます。

痙攣や硬直、失神などを引き起こす急性発作は脳炎の51%でみられると報告されており、肢の麻痺や失禁などの筋肉の麻痺、斜頸や回転運動、歩行困難などの行動異常、認知症や知覚過敏による攻撃性や臆病さの増加、性格の変化、失明などの症状もみられることがあります。

背骨や首の痛みや、発熱などの全身症状がみられるタイプの脳炎も存在します。

脳炎の余命

脳炎は4歳程度の比較的若い犬でも発症する疾患です。あまり予後が良い疾患ではないため、発症からの余命は短くなってしまうといえるでしょう。

犬でよくみられる脳炎のひとつである肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)では病態が前頭葉に限局される場合の中央生存期間は114日、脊髄に限局される場合では669日であると報告されています。一方、中枢神経のいたるところに病態がみられる多発性では中央生存期間が8日であるとも述べられています。

また、比較的予後の良い脊髄でGMEがみられる場合でもすべての犬が天寿を全うできるわけではありません。48%の犬ではGMEに関係する死因で亡くなっていると報告されています。ここでの中央生存期間とは余命を指す言葉の一種です。

GMEを含む多くの脳炎がふくまれるカテゴリーである起源不明の脳脊髄炎(MUE)の予後に関係する研究ではてんかん様の発作などの症状をもつ脳炎の犬では予後が良くないともいわれています。

h3脳炎になった犬にしてあげられること
脳炎が発症してしまった犬に飼い主がおこなうことは、動物病院での精密な検査と治療の実施です。脳炎は余命の短く、根治が難しい疾患ですが、犬の痛みや発作を抑えるための対症療法や、栄養や水分の補給のために点滴などの処置をおこなうことができます。一部の脳炎は治療に反応し、症状が治まる寛解とよばれる状態になる可能性があります。

また、飼い主とのコミュニケーションや世話をおこなう時間は犬にとってかけがえのないものになるでしょう。犬は人間の最良の友であり、伴侶です。短い余命であろうともあなたの愛はかならず犬に通じています。

動物病院で受けられる検査や治療

犬の脳炎の検査

動物病院では脳炎の検査と治療をおこなうことができます。

全身の筋肉の反射などを調べ中枢神経の異常を確認する検査や、似た症状を引き起こす他の疾患を否定するためのX線検査などのさまざまな検査、中枢神経の炎症により成分に異常がみられる神経の周りをめぐる液体である脳脊髄液の採取、検査、脳や脊髄の異常を磁気により画像で直接確認するMRIなど多くの検査を受けることができます。ただしMRIは主に規模の大きい動物病院に設置されていることが多いため検査を受けるために大学病院などの二次病院を紹介されることがあります。

犬の脳炎の治療

犬の脳炎の多くは免疫機能の暴走が関係していると考えられており、免疫抑制剤やステロイドなどの免疫機能を抑える治療をおこないます。てんかん様発作などの犬のQOL(生命の質)を下げる症状がみられる場合には、症状を抑える対症療法をおこなう場合もあります。

治療費について

犬の脳炎は難病といっても過言ではない種類の疾患です。治療を継続する場合には多額の費用が必要になることがあります。MRIなどの高度医療機器での検査、その他多くの検査を受けるためにもどうしてもかなり高額な費用を要します。

犬は人と同じく、思わぬ疾患やけがをする動物です。人とは異なり公的な医療保険が適用されないため、治療費は高額になる傾向があります。飼育や治療に備えるための日々の貯蓄やペット保険の加入等をおこなうことは、転ばぬ先の杖です。

監修者コメント
増田 国充
ますだ動物クリニック院長/ 獣医師

脳炎と診断する際に、ここで紹介した検査が行われます。脳神経系に関連した他の疾患との鑑別がつけにくい場合もありますので、ときとしてより精密な検査が要求されることがあります。すべての動物病院がMRIを保有していないのが現状ですが、高度医療に対応するいわゆる二次診療施設と連携し検査結果や治療方法などを共有する仕組みが確立されています。もちろん脳炎にならないに越したことはないのですが、仮に脳炎あるいは脳炎が疑わしいという場合は、かかりつけの獣医師にどのような検査や治療が受けられるのかをお尋ねしてみるとよいでしょう。

脳炎の種類と原因

起源不明の髄膜脳炎(MUE) 

犬で最も多い脳炎の種類のひとつであり、免疫が関わるMUEは全脳炎の25%を占めるともいわれています。MUEには肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)、壊死性髄膜脳炎(NME)、壊死性白質性脳炎(NLE)などのいくつかの疾患が含まれています。これらの疾患は脳の病態によって区別されています。

MUEの好発犬種

MUEはトイプードルなどの小型犬種やトイ犬種で好発するといわれています。その中でもNMEはパグやヨークシャーテリア、ペキニーズ、シーズー、チワワ、パピヨンなど、NLEはヨークシャーテリア、フレンチブルドックなどの犬種でよくみられるとされています。

ステロイド反応性髄膜炎・血管炎(SRMA)

SRMAはステロイドに良好に反応し、症状が治まる寛解とよばれる状態に治療できる可能性がある脳炎として知られています。他の脳炎と異なり神経症状と併せ、発熱などの全身症状がみられる特徴をもちます。

SRMAの好発犬種

SRMAは若齢の大型犬に多くみられる疾患です。バーニーズマウンテンドック、ボクサーなどの犬種やビーグルなどの中型犬でも好発します。

好酸球性髄膜脳炎(EME)

EMEは寄生虫や真菌(かび)の感染が原因となると考えられている珍しい脳炎です。特発性とよばれる原因不明のEMEも存在します。EMEは他の脳炎と比較し比較的死亡率が低いとされ、当疾患に罹患した25%の犬が命を失うとされています。

EMEと関係があると考えられている病原体には蚊が媒介し心臓や血管内に寄生するフィラリア、猫が本来の宿主であり哺乳類に全身性の感染を引きおこすトキソプラズマ、真菌の一種であるクリプトコッカスなどが知られています。

EMEの好発犬種

EMEはどのような犬でもみられる可能性がありますが、若齢、雄、大型犬ではリスクが高いといわれています。

ウイルス性脳炎

犬の混合ワクチンで予防できるジステンパーウイルス、アデノウイルス、ヘルペスウイルスなどを含むいくつかのウイルスが原因となる脳炎です。感染性や致死性が高いため予防医療の徹底が非常に重要になります。

ウイルス性脳炎の好発犬種

原因となるウイルスへの感受性が高く、また生理的にワクチンの効果が低い時期のある仔犬、ワクチン未接種の犬などでよくみられます。

予防できる脳炎

ワクチンで予防できるウイルス性疾患が原因となるウイルス性脳炎や、フィラリアが原因の場合の好酸球性髄膜脳炎では動物病院での適切なワクチネーション、予防薬の投与をおこなうことで犬の命を救うことができます。

まとめ
  • 犬の脳炎は脳や脊髄などの中枢神経に炎症がみられる疾患である。
  • パグやヨークシャーテリア、トイプードルなどのトイ犬種、小型犬でよくみられる。
  • 4~8歳などの若齢~中齢の犬で好発し、余命に関わる症状を引き起こす。
  • 免疫が関係している疾患が多いとされるが、詳しい原因は、わかっていないことが多い。
  • 動物病院での犬のQOLを維持するための治療をおこなうことがターミナルケアとして重要である。
監修者コメント
増田 国充
ますだ動物クリニック院長/ 獣医師

犬では時折脳炎を発症することがあります。免疫に関連したもの、細菌や真菌といった何らかの寄生に由来するもの、はっきりした原因が不明であり突然発症するものなど様々です。発症しやすい犬種はこちらで紹介している通りで、当てはまる種の犬と生活している飼い主さんは、日頃の活動を観察してみるとよいでしょう。予防によって発症が完全に抑えられるものでない脳炎が存在し、かつ発症した場合に急激に悪化するという場合もあります。可能な限り原因を特定し、それに合わせた治療を早い段階で行うことで、発症した愛犬に対して負担を軽減できることにつながることがあります。

ペトリィ 小さな家族のセレモニー
もしもにそなえる生前見積もり
自宅での葬儀
家族立ち合い
セレモニー
家族でお骨上げ
ペトリィのプランを詳しく見る

ペットちゃんのもしもの時、慌てて悔いの残るお別れとならないよう、事前準備が必要です。ペトリィでは生前のご相談も可能です。

参考文献

※:Immune-Mediated Central Nervous System Disease—Current Knowledge and Recommendations
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7185457/
※:Postencephalitic epilepsy in dogs with meningoencephalitis of unknown origin: Clinical features, risk factors, and long‐term outcome
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7096646/

ご納得の行く特別なお見送りの形

「ありがとう」が伝わる葬儀にする。そんなお見送りで悲しみを少しでも和らげるよう、私たちはご遺族を支えていきたいと考えています。

生前のお見積りもご相談ください

メールお問い合わせ

この記事のライター

若林 薫

獣医師
ライター

麻布大学を卒業し獣医師免許を取得、大手ペットショップで子犬・子猫の管理獣医師として勤める。その後、製薬企業での研究開発関連業務を経て、ライターとして活動する。幅広い専門知識を生かした記事作成を得意とする。
プロフィール詳細を見る
ライター・監修者一覧はこちら
ペトリィのコラム
運営元情報
サイト名
ペトリィ 小さな家族のセレモニー
運営会社
シェアリングテクノロジー株式会社
電話番号
0120-220-175 (平日9:00~18:00)
コラムの執筆と編集について

ペトリィではコラム公開にあたり、記事の執筆と
編集に関するポリシーを定めております。
以下のページよりご確認いただけます。

【執筆と編集に関するポリシー】
https://petlly.jp/editpolicy/

霊園・葬儀社をエリアから探す

ペット葬儀専門の相談員に
なんでもご相談ください。

見積もり無料※1
当日葬儀可能※2
24時間365日受付
全国受付

各種クレジットカード利用可能※3

JCB VISA ORICO NICOS DINERS

メールお問い合わせ

※1 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで見積もりに費用をいただく場合がございます。※2 エリア・加盟店により対応できない場合がございます。※3 エリア、加盟店により対応できない、または手数料がかかる場合がございます。