ペットの死
2021年08月31日

猫は死後生き返るのか?死後硬直と解硬から考えるその可能性。

猫が死んでしまったとき遺体を前にして、待っていたら起き上がりいつものように振る舞うかもしれない、と考えてしまうかもしれません。猫の死後変化である死後硬直と解硬は、猫が生き返るという噂と関係があります。きちんと愛猫を弔ってあげるために、学びを進めていきましょう。

猫の死と生き返り

猫の寿命は15歳前後といわれ(※1)、個体によってはさらに長生きする場合があります。長い間共に暮らしていた猫に対して、愛情やそれ以上の大切な思いを抱く飼い主も少なくないでしょう。

慢性腎不全や老衰などの死因で猫が死んでしまったとき、深い後悔と悲しみを感じるかと思います。力なく横たわる遺体を前に「猫が生き返ればいいのに」とふと考えてしまうことがあります。

死後硬直後の猫が生き返ったといううわさを聞いたことがあります。本当に死亡した猫が生き返ることはありえるのでしょうか?

猫の生き返りの可能性について、獣医学や生理学の側面を含んだ学術的でわかりやすい解説をしていきます。

猫は死後硬直後に生き返るのか?

結論から言うと死後硬直をおこした猫は生き返りません。猫の生き返りを否定するためには、死んでしまった猫の身体の中でおきている変化が、どのようにして死後硬直や解硬を引き起こしているのかを理解する必要があります。

死後硬直とは

死後硬直は死後数時間のうちにはじまる全身の筋肉の硬直です。頭部から前肢、後肢と後方に向けて進行していく特徴があります(※2)。

生物の細胞はアデノシン3リン酸(ATP)とよばれる物質をエネルギー源として活動しています。ATPは利用効率のよいエネルギーであり、細胞は絶え間ないATPの補充と使い切りを繰り返しています。

死後硬直は、生物死によってATPの補充がなされなくなることから始まります。細胞は一瞬でATPを使い切り、ATPの枯渇が引き起こされます。筋肉の細胞ではATPが枯渇することで筋小胞体というカルシウムイオンの貯蔵庫が機能できなくなり、細胞中のカルシウムイオンの濃度が異常に高くなります。

筋肉の細胞におけるカルシウムイオンは筋肉を収縮させる作用があるため、ATPの枯渇による細胞内カルシウムイオン濃度の上昇は、筋肉の持続的な収縮を引き起こします。この状態を死後硬直とよびます(※3)。

死後硬直後に始まる解硬

死後硬直は筋肉の持続的な収縮ですが、解硬はその後に訪れる筋肉の不可逆的な弛緩です。死後硬直が24時間ほど持続したのち、解硬は訪れます(※2)。

筋肉の活動にはアクチン、ミオシンとよばれているミルフィーユのように折り重なっている2種類の筋原線維が大きな役割を果たしています。アクチンとミオシンはお互いをレールのように一方に滑りあい、筋肉を収縮、弛緩させます。

解硬はこれらの筋原繊維が断片化してしまい、機能を失ってしまうことで引き起こされます。さきほど説明したATPの枯渇による細胞内カルシウム濃度の上昇は、カルシウムイオンもしくはカルシウムイオンによって作動する酵素の作用により筋原繊維の破壊と断片化を引き起こすと示唆されています(※2,3,4)。

解硬と生き返りの関係 

死後硬直とは生物死によって引き起こされる筋肉の硬直であり、解硬とは二度と戻らない筋肉の破壊が引き起こすことが分かりました。以上が、死後硬直や解硬などの死後変化を経た猫は死んでおり生き返ることはない、という説明になります。

筋肉の弛緩である解硬は、遺体の表情の変化や、場合によっては安置した位置からのほんの少しの移動を引き起こす可能性があります。

死後硬直した猫が生き返ったという俗説は、おそらく解硬による現象だろうと考えることができるでしょう。

けして忘れてはならない点として、猫の生き返りの誤認は、人生を長く共に歩んできた猫の死に際して、飼い主の大きな愛情がみせた幻だということです。人の認知としての猫の生き返りの体験はけして間違ったものではありません。

いつ埋葬するべき?

猫が死んでしまった場合、すぐに安置や供養をする必要がありますが、一方で悲しみや後悔を受け取る時間が必要だと感じるでしょう。

良好な環境にある遺体は、一般的に冬場で2~3日、夏場で1~2日の間安置できるといわれているようです。

それ以上長期の安置は、死後硬直、解硬からつながるさらなる死後変化である腐敗を引き起こし、臭いや公衆衛生上の問題の原因となります。死後1~3日を猫の遺体と向き合う時間とするのがよいでしょう。

死後すぐにするべきこと

猫の遺体とできるだけ長く向き合う時間をつくるためには、死後すぐに冷房のよく効いた冷暗所に安置することが大事です。タオルなどで包んだ保冷剤で遺体をよく冷やすことも必要です。

また、市町村や民間業者がおこなっている火葬などの弔いは、連絡してすぐにおこなえないことがあります。できる限り早い時間に連絡をとるようにしましょう。

まとめ
  • 死後硬直は生物死によるATPの枯渇が引き起こす筋肉の収縮である。
  • 解硬は死後硬直した筋肉が破壊、断片化する変化であり、不可逆的である。
  • 死後硬直と解硬は死後変化であり、その後に猫が生き返ることはない。
  • 解硬による遺体の表情や位置の変化が生き返りの俗説の原因だと考えられる。
  • 死後数日で遺体の状態が悪化するため、遺体と向き合うことができる時間も数日である。
参考文献

※1 一般社団法人 ペットフード協会 全国犬猫飼養状態調査
https://petfood.or.jp/data/chart2020/2.pdf(参照2021-8-31)
※2 獣医師広報版 死後硬直、死後強直の持続時間
http://www.vets.ne.jp/faq/pc/stiffen001.html(参照2021-8-31)
※3 Coupling of Rigor Mortis and Intestinal Necrosis during C. elegans Organismal Death
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5863043/(参照2021-8-31)
※4死後硬直の解除とCaイオン 他1文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/19/4/19_4_261/_pdf/-char/ja(参照2021-8-31)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience1968/12/4/12_194/_pdf(参照2021-8-31)

ご納得の行く特別なお見送りの形

「ありがとう」が伝わる葬儀にする。そんなお見送りで悲しみを少しでも和らげるよう、私たちはご遺族を支えていきたいと考えています。

生前のお見積りもご相談ください

メールお問い合わせ

この記事のライター

若林 薫

獣医師
ライター

麻布大学を卒業し獣医師免許を取得、大手ペットショップで子犬・子猫の管理獣医師として勤める。その後、製薬企業での研究開発関連業務を経て、ライターとして活動する。幅広い専門知識を生かした記事作成を得意とする。
プロフィール詳細を見る
ライター・監修者一覧はこちら
ペトリィのコラム
運営元情報
サイト名
ペトリィ 小さな家族のセレモニー
運営会社
シェアリングテクノロジー株式会社
電話番号
0120-220-175 (平日9:00~18:00)
コラムの執筆と編集について

ペトリィではコラム公開にあたり、記事の執筆と
編集に関するポリシーを定めております。
以下のページよりご確認いただけます。

【執筆と編集に関するポリシー】
https://petlly.jp/editpolicy/

霊園・葬儀社をエリアから探す

ペット葬儀専門の相談員に
なんでもご相談ください。

見積もり無料※1
当日葬儀可能※2
24時間365日受付
全国受付

各種クレジットカード利用可能※3

JCB VISA ORICO NICOS DINERS

メールお問い合わせ

※1 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで見積もりに費用をいただく場合がございます。※2 エリア・加盟店により対応できない場合がございます。※3 エリア、加盟店により対応できない、または手数料がかかる場合がございます。