ペットの死
2021年08月12日

モルモットが死ぬときみられる徴候や行動と、介護や看取りの方法。

モルモットが歳をとると少しずつ元気がなくなっていきます。死んでしまう前にどのようなサインがみられるのでしょうか?モルモットで多い突然死や、少しでも健康に生きるためにできる介護、看取りから供養の方法まで獣医師による専門的な内容を交え、幅広く説明します。

モルモットが死んでしまうとき

モルモットの寿命は10年前後であり、ハムスターのようなよく飼育されているエキゾチックアニマルに比べると比較的長寿です(※1)。長く飼育を続けていると体調がなんとなく悪く感じるようになることがあります。モルモットも犬や猫と同じように中高齢をすぎていくと徐々に身体が衰えていきます。

高齢期のモルモットでは、老衰だけでなく各種疾患にかかりやすくなるため、死んでしまうリスクが高くなります。老衰の兆候や症状、よくみられる疾患について知識をつけることで、いま飼っているモルモットがどのような状態なのかを把握することは非常に大事です。

モルモットの体調の急変はある日突然やってくることがありますが、老衰や死のサインを知っておくことで、介護や看取りなどのケアをおこなう、心の準備を整えることができる場合があります。

老衰の兆候や症状

モルモットの老衰ではいくつか共通した徴候や症状がみられることがあります。モルモットの体調の変化はわかりにくいこともありますが、しっかりと毎日観察することでわずかなサインに気が付きやすくなります。

身体が老い、衰えることで筋肉や関節など身体を動かすための器官や、口の筋肉や歯、消化器などの食事をとるための器官、細菌やウイルス、寄生虫などの感染症から身を守る免疫に携わる器官、心臓や呼吸器、また皮膚や被毛の状態などさまざまな組織の働きが弱まっていきます。

運動性の低下、元気の低下は比較的わかりやすい老衰の兆候です。モルモットがあまり回し車をしなくなった。ゲージの外に出しても運動しない。寝ている時間が増えたなどの行動の変化としてあらわれます。

食欲の低下は体調の悪化を示す重要なバロメーターです。モルモットの食事量の低下をみつけるためには、日々与えている牧草やペレットの量を把握している必要があります。餌を与えるときに牧草の残りが増えた、ペレットを残すようになった場合、食欲は低下しているといえます。

仮に、食欲がほとんど、まったくなくなってしまった場合、死期が近づいている状態です。後述する看取りの方法次第では、急いで動物病院を受診することをおすすめします。

免役力の低下は普段は悪さをしない常在菌の感染を引き起こします。これらは皮膚疾患や消化器疾患として表れ、脱毛や皮膚の赤み、かさぶた、また糞が緩くなった、下痢をしているなどの症状としてみられます。モルモットは嘔吐することができない動物ですが、嘔吐に似た症状がみられる場合、身体に大きな異変をおこしているといえます。

生命活動を維持するために非常に重要な器官である心臓や呼吸器の機能低下は、初期症状として元気や運動性の低下としてあらわれるため、みつけにくい老衰の兆候です。モルモットが失神するようになった、呼吸が普段より浅く早いなどの場合、致命的な症状を引き起こしている可能性が高いでしょう。

皮膚や毛並の状態が悪い場合は、体調の悪化によりグルーミングをしなくなった、または日和見感染症を引き起こしているなどの老化に関係した原因が考えられます。

モルモットは突然死しやすい

老衰や疾患の症状をみせず、ある日突然モルモットが死んでしまうことがあります。モルモットは突然死しやすい動物だからです。

彼らがまだ野性動物であった時代、草食獣は肉食獣に捕食される危険性を常に持ちながら生活していました。身体の弱った草食獣は狩りやすい餌として認識されるため、体調の悪化や疾患を抱えている場合でも本能的に表に出さない習性があります。モルモットがペットとして飼われるようになった現代でもその習性を持ち続けています。

また、モルモットには特にかかりやすい疾患がいくつかあり、突然死の原因となる場合があります。不正抱合、ビタミンC欠乏症、食滞、結石症、生殖器疾患などが代表的です。

不正抱合はモルモットの歯並びのバランスが崩れる疾患です。歯の病気と聞くと一見、大きな問題にならないように思えますが、不正抱合によって引き起こされた歯の付け根の炎症によって鼻腔や下顎骨に膿瘍ができ、全身の臓器に細菌感染が広がり死亡する場合もみられます。

ビタミンC欠乏症はモルモットに特徴的な疾患です。他の動物とは違いビタミンCを身体の中でつくりだすことができないため、食事中のビタミンCが不足することで欠乏症を引き起こします。ビタミンC欠乏症による骨や歯の変形は不正抱合の原因となり、また被毛や皮膚の状態悪化は感染症を引き起こします。

食滞は消化管の働きが悪くなる、または閉塞が起きることで腸内の異常発酵が引き起こされる疾患です。モルモットは食事中の繊維質を大きな盲腸で微生物の力を借りて発酵させることで栄養分として利用しています。食滞によって異常発酵すると、ガスが産生され盲腸を風船のように膨らませます。腹圧の上昇は他の臓器の圧迫や、血管の圧迫を介してモルモットを死亡させることがあります。

モルモットは尿中のミネラル分が結石になりやすい動物です。結石が体内の尿の通り道を詰まらせることにより、膀胱の破裂や急性腎不全など劇的な症状を引き起こし突然死の原因となることがあります。

また、モルモットは子宮や乳腺に腫瘍などの大きなトラブルが発生しやすい動物です。これらの疾患もまたモルモットの死因となります。

ペトリィ 小さな家族のセレモニー
もしもにそなえる生前見積もり
自宅での葬儀
家族立ち合い
セレモニー
家族でお骨上げ
ペトリィのプランを詳しく見る

ペットちゃんのもしもの時、慌てて悔いの残るお別れとならないよう、事前準備が必要です。ペトリィでは生前のご相談も可能です。

飼い主がしてあげられること

健康を維持する

歳をとってきたモルモットの健康寿命を伸ばすためには、疾患の予防や、早期発見、早期治療をおこなうことが非常に重要です。そのためにはモルモットの診察をおこなっている動物病院を見つけ、かかりつけ医を持つ必要があります。

モルモットは、ペットとして一般的な犬や猫に比べると身体のつくりが異なる動物です。かかりやすい疾患や使用できる薬なども一部特有です。全ての動物病院の獣医師がモルモットの診療を得意にしているわけではありません。

モルモットが大きく体調を崩すまえに、モルモットの診察をおこなっている動物病院をみつけ、一度受診してみることが重要です。

快適に暮らさせる

介護が必要な時期に入りつつあるモルモットは、飼育環境を整えてあげることでQOLを上げ、より快適に過ごすことができます。QOLはクオリティオブライフの略であり、生きていることの質を表す言葉です。モルモットのQOLを上げることは、健康寿命の延長に繋がります。

こまめな掃除はQOLをあげるために重要な要因です。老化で免役のおとろえたモルモットは、環境中の汚れに含まれる細菌や真菌が感染することで皮膚病を引き起こします。床材の汚れはすぐに取り除くようにしましょう。また、老化によりモルモットは被毛や皮膚が汚れやすくなっていきます。モルモットの被毛やお尻が汚れている場合は優しくふき取ってあげましょう。

チモシーなどの乾草の多給は正常な腸内環境を整えるだけではなく、不正抱合などの歯牙疾患を予防する効果があります。もしペレットが多い食生活を送っている場合、いきなり食事内容を変化させることは、腸内の異常発酵や嗜好性の低下による体重減少を引き起こす可能性があります。可能であればかかりつけの獣医師に相談の上、体調や体重の推移を観察しながら徐々におこなってください。

看取りの方法

モルモットがもうすぐ死んでしまいそうなとき、看取りの方法は2つあります。ひとつは自宅で看取る方法、もうひとつは動物病院で看取る方法です。どちらの方法が良いということはなく、メリットとデメリットが存在します。飼い主の考えや、かかりつけの獣医の治療方針と併せみて、どちらの方法を選択するかを判断してください。

自宅で看取る場合、モルモットの生命力にゆだねて最後の時を待ちます。生きている時間の終わりまで一緒にいられる可能性が高くなりますが、積極的な治療をおこなうことはできません。かかりつけ医の方針によっては自宅での強制給餌などの一部の延命措置をおこなうことができる可能性はあります。

一方、動物病院で看取る場合、獣医療の力を借りて積極的な延命をおこないます。より生きている時間を延ばすことができますが、動物病院に連れていく間に力尽きてしまう場合や、飼い主の仕事などで最後の時を一緒にいられない場合もあります。

動物病院での看取りでは、モルモットがこれ以上治療できる見込みがなく、ひどく苦しんでいる場合に安楽死を勧められる場合もあります。これは命が奪われるほどの痛みなどの苦痛を感じているモルモットを、麻酔によって苦しみが最小限になるようにした上で、薬剤によって死を迎えるようにする処置です。

安楽死の実施に対する考えは獣医師によって異なるため、動物病院での看取りでは必ず安楽死を行なうわけではありません。また、飼い主が望んでいても獣医師の判断で実施できないこともあるため、モルモットが元気なうちにかかりつけ医に安楽死についての考えを聞いておくといいでしょう。

看取りとお世話

モルモットを自宅で看取るとき、飼い主は何をしてあげられるのでしょうか?できる限り穏やかな死を迎えさせるために、いくつかできることがあります。

餌や水の補助は死の間際のモルモットに少しでもエネルギーをあげることができます。餌の補助では、強制給餌といって乾燥やペレットのような固形食ではない水分が多く含まれた流動食を、人為的に食べさせる方法があります。この方法は誤嚥性肺炎など処置自体が死に繋がってしまうリスクがあり、かならずかかりつけの獣医師と事前に相談した上、実施するかどうかを決めておいてください。

水の補助では水分を含んだコットンなどを口元にそっとおいて舌を濡らしてください。モルモットが口を動かすようならば、ある程度の飲水をおこなっていると考えられます。必ず、無理に水をあげないすぎないようにしてください。少しでも水を飲めればそれで充分です。

モルモットの体温を維持してあげることも重要です。できればペット用のヒーターを使い、身体に熱が直接当たらないようにします。手をかざしてほんのり暖かく感じる程度の位置を探してあげてください。ヒーターの設置後しばらくはなんどか様子を見て、熱がこもりすぎていないか確かめることで、火傷のリスクを下げるようにしましょう。

虹の橋を渡っていってしまったとき

モルモットが死んでしまったとき、もしかしたらあなたはモルモットの死に際に立ち会えなかったかもしれません。そうでなくても、とても大きな悲しみと後悔が絶え間ない波のように訪れているでしょう。

後悔のないペットの死はありません。私たちの苦楽をすぐそばで共にし、ときに彼らなりの行動で慰めてくれる大切な伴侶を失ったとき、悲しまないことはありません。どんなにたくさん世話をしても、介護や疾患の治療をおこなっていても、ペットが死んでしまうと全部無駄になったような気がして、さらにもっとたくさんの愛情を与えればよかったと思うのです。

ひとつ確かなことがあります。だれしもが最良の飼い主にはなれませんが、モルモットにとってあなたはかけがえのない飼い主であったはずです。すべての愛情はきちんと伝わっています。

虹の橋を渡っていったモルモットに、最後の世話をしてあげましょう。より良いお別れのために必要な、大切なことです。

モルモットの供養の方法

モルモットの遺体は死後数時間のうちに、全身の筋肉がエネルギーを使い切り硬直する死後硬直とよばれる状態に変化します。死後硬直は1日ほど継続し、解硬という死後硬直の解徐を経て、体内や体外に付着した微生物によって土へと還っていきます。

遺体は時間と共に状態が悪化していくため、冷房の効いた涼しい部屋で直射日光を避けて安置する必要があります。このとき、結露しないようにタオルで巻いた保冷剤で身体を十分に冷やしてあげましょう。ビニールで覆った段ボールの棺に納めることで、のちの火葬に際して都合がよい場合があります。

安置と平行して火葬の手筈を整えましょう。火葬は民間のペット葬儀業者か地方自治体に依頼することでおこなうことができます。どちらの方法でも事前の連絡が必要であり、すぐに火葬がおこなえるとも限りません。早めに連絡することをおすすめします。

民間のペット葬儀業者に依頼することで、移動式の火葬施設を備えた車で自宅近くまで来てくれる、もしくはお葬式のような葬儀をおこなえる場合があります。一方、地方自治体への依頼では比較的安価に火葬をおこなうことができますが、お骨や灰を受け取ることができず合同墓地への埋葬が決まっている場合があります。

まとめ
  • モルモットは中高齢を過ぎると老衰が始まり、死のリスクが高くなる。
  • 老衰の兆候や症状はわかりにくい場合があるが、毎日観察することは重要である。
  • モルモットは突然死しやすい動物であり、さまざまな疾患が原因になり得る。
  • 高齢期のモルモットは健康の維持や、快適な生活環境がQOLのために必要である。
  • モルモットの看取りには自宅でおこなう方法と、動物病院でおこなう方法がある。
  • 自宅で看取る場合、いくつかの世話をおこなうことができる。
  • モルモットが死んでしまったとき、すみやかに安置し供養の手筈を整える必要がある。
参考文献

※1:環境省 家庭動物等飼養保管技術マニュアル
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/house.pdf(参照2021-8-12)

ご納得の行く特別なお見送りの形

「ありがとう」が伝わる葬儀にする。そんなお見送りで悲しみを少しでも和らげるよう、私たちはご遺族を支えていきたいと考えています。

生前のお見積りもご相談ください

メールお問い合わせ

この記事のライター

若林 薫

獣医師
ライター

麻布大学を卒業し獣医師免許を取得、大手ペットショップで子犬・子猫の管理獣医師として勤める。その後、製薬企業での研究開発関連業務を経て、ライターとして活動する。幅広い専門知識を生かした記事作成を得意とする。
プロフィール詳細を見る
ライター・監修者一覧はこちら
ペトリィのコラム
運営元情報
サイト名
ペトリィ 小さな家族のセレモニー
運営会社
シェアリングテクノロジー株式会社
電話番号
0120-220-175 (平日9:00~18:00)
コラムの執筆と編集について

ペトリィではコラム公開にあたり、記事の執筆と
編集に関するポリシーを定めております。
以下のページよりご確認いただけます。

【執筆と編集に関するポリシー】
https://petlly.jp/editpolicy/

霊園・葬儀社をエリアから探す

ペット葬儀専門の相談員に
なんでもご相談ください。

見積もり無料※1
当日葬儀可能※2
24時間365日受付
全国受付

各種クレジットカード利用可能※3

JCB VISA ORICO NICOS DINERS

メールお問い合わせ

※1 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで見積もりに費用をいただく場合がございます。※2 エリア・加盟店により対応できない場合がございます。※3 エリア、加盟店により対応できない、または手数料がかかる場合がございます。