ペットの死
2022年09月01日

フクロウが死んだら安置をして供養方法を決めよう!火葬の種類等を解説

フクロウが亡くなったら、手厚い供養をしてあげましょう。そのためにまずは、人畜共通感染症予防のためにビニール手袋をはめ、適切な安置をします。この記事では、安置方法や火葬の種類、土葬や遺骨の供養方法、寿命などについて詳しく解説します。

ご葬儀をお急ぎの方

プランや費用などの詳細はこちら

フクロウが死んだらお別れと安置をしよう

フクロウが亡くなったら今までの感謝を伝え、適切な安置をしましょう。
 
まずは、フクロウに触る前にビニール手袋をはめます。
この理由はフクロウからの人畜共通感染症予防のためです。フクロウにはカンピロバクターや大腸菌、オウム病(クラミジア菌)などの人獣共通感染症が報告されています。※1
 
ビニール手袋をはめたら、死後硬直が始まる前に目を閉じ、小さく寝ている姿にしてあげましょう。
死後硬直が始まってしまっていたらキッチンペーパーなどで目を隠しておきます。
24時間ほどで死後硬直が解けてくるので、まだ火葬していなかったら再度目を閉じて、姿勢を整えてあげてください。
目を開けたままにしていると、コバエ等が集まるからです。※2
 
気持ちが落ち着いたら、からだを清めてあげましょう。
遺体の下に新聞紙やキッチンペーパーを敷き、固く絞ったタオルやガーゼでからだを拭きます。
 
くちばしや肛門などから体液や汚物が出てくることがありますので、都度きれいにしてあげてください。
最後に羽を整えてあげてください。※2
 

フクロウの安置方法

次に、フクロウの遺体に合うふたつきの段ボールや木の箱を用意し、新聞紙やキッチンペーパーの上にタオルなどを敷きます。
 
からだをキッチンペーパーなどで包み、頭とお腹の上を中心に保冷剤か、ビニール袋に入れた氷を置きます。
 
からだを清める際と、保冷剤や氷を使う際は、からだがぬれないように気を付けてください。
からだがぬれてしまうと、腐敗が早まってしまうからです。
軽くふたを閉めた箱を涼しくて日が当たらない場所に安置します。※2

火葬か土葬かを決めよう

フクロウの供養は、火葬か土葬を選ぶことができます。
 

火葬のメリットデメリット

火葬のメリット
  • 遺体の腐敗による臭いや害虫の発生が抑えられる
  • 火葬後の遺骨は、供養方法が多い
火葬のデメリット
  • お金がかかる

土葬のメリットデメリット

土葬のメリット
  • お金がかからない
土葬のデメリット
  • 臭いや害虫・害獣の被害がある
  • 自分の土地でしか行えない(他人の土地や公共の場所、道路などは不可)
  • 土に還るのに長い年月を要する

火葬の種類

火葬には種類があります。費用とかかる時間も違うため、自分に合った火葬を選ぶことが大切です。
 

移動火葬

移動火葬とは、セレモニーカーと呼ばれる移動火葬車で火葬をします。
 
業者が家まで訪問し、自宅で火葬するためフクロウが慣れ親しんだ場所でお別れが可能です。
ただし、駐車スペースや近隣の家との距離など、自宅で火葬するにはいくつかの条件があります。クリアできない場合は、近隣の開けた場所で行うことになるため、事前に確認することをおすすめします。
 
移動火葬には、引取り火葬と立会火葬があります。
 
引取り火葬は業者に遺体を預け、業者が火葬をして遺骨だけを返してもらうシステムなので、火葬の待ち時間がありません。
立会火葬は火葬が終わるまで待ち、お骨上げを家族で行います。
 
相場は、引取り火葬で10,000~20,000円、立合火葬で20,000円前後です。
 

霊園火葬

霊園火葬はペット霊園などで行う固定炉での火葬のことです。
移動火葬に比べて、高いところが多い反面、待合スペースやトイレなどが完備されていいます。
 
こちらも引取り火葬と立会火葬の両方のプランを揃えているところもあります。
相場は、引き取り火葬で15,000~35,000円、立合火葬で20,000~40,000円です。(体重によります。)
霊園火葬の場合は、立地などの金額が反映される傾向にあります。
 

合同火葬

合同火葬は移動火葬と霊園火葬の両方に備わる火葬の種類で、返骨はされません。
中には合同火葬を扱っていない施設もあるため、希望の際はあらかじめ確認してください。
 
いくつかの遺体と一緒に火葬し、そのまま合祀するため、火葬プランの中では一番安いプランです。ただし、遺骨は返りません。
施設によっては立合いできますが、できないところもあります。事前に確認してください。
 
相場は、移動火葬で10,000円前後、霊園火葬で12,000~20,000円前後です。(体重によります。)

遺骨の供養方法

遺骨の供養方法は、以下の4つから選ぶ必要があります。

  • お墓や納骨堂への納骨:お金はかかるが、永代供養にすれば継ぐ人がいなくても安心
  • 手元供養:安価に済むが、飼い主亡きあとご遺骨がゴミとして処分される可能性が高くなる
  • 海洋散骨(ペットの散骨を行っている霊園でも可):可能な業者・霊園が限られる
  • 自分の土地への埋骨:他人の土地や公共の場所にはできない

土葬の方法

土葬は必ず自分の土地で行ってください。
他人の土地や公共の場所、借りた土地ではできません。
 
土葬の前に、まずは以下のものを用意してください。

  • シャベルやスコップ
  • 軍手
  • 石灰(フクロウの体重と同量)
  • モニュメントや木の苗、お花
  • フクロウと一緒に埋葬したいもの(化学繊維やプラスチックなどは土に還らないので埋められません)

1:穴を掘る

穴を掘る場所に水をまくと比較的楽に掘れます。
深さは2メートルほどあると良いでしょう。幅はフクロウが入れば問題ありません。
 

2:石灰を半分入れる

石灰は遺体が土に還るのを促すとともに、殺菌防臭効果が期待できます。
石灰がないときは、防臭効果がほしいなら炭を、遺体が土に還るのを促したいなら腐葉土を用意しましょう。
 

3:遺体を穴に寝かせる

臭い予防のために遺体を布で包む場合は、綿100%の布にしてください。ただし、布で遺体を包むと、土に還るまでの時間が長くなります。
おやつなどの食べ物は害虫や害獣が発生するため、埋められません。
 

4:石灰と土をかける

石灰の残りを遺体にかけ、土を盛ります。
 

5:モニュメントを置く

定期的にお墓に手を合わせましょう。

フクロウの寿命

フクロウの寿命は小型で10年程、大型で20~30年程だと言われています。※3
 
フクロウは、長いお世話が必要です。
飼育する際はまず、フクロウを診られる獣医師が近所にいることが大前提です。
頼れる獣医師がいない場合は飼育を見送ることをおすすめします。
 
そのうえで生活環境を整え、最期までしっかり世話をする覚悟の上でお迎えしましょう。

フクロウの体調を確認する方法

フクロウに限らず、動物は体調不良を訴えません。
そのため、飼い主が気づかない限り、突然止まり木から落ちて死んでしまうことがあります。
 
フクロウの飼い主は必ずフクロウの体調確認をし、異常が見つかったらすぐに獣医師に相談してください。
 

羽の確認

フクロウの換毛期は、新しい羽を覆う羽鞘(うしょう)と呼ばれる筒状のカバーができます。
この羽鞘の中で新しい羽が生成され、完成すると粉状になり、自然に落ちます。※4
 
換羽期ではない時期に、この粉が大量に出てくる場合は、寄生虫が発生している可能性が少なくありません。
フクロウが羽をよくついばむしぐさをしている場合も、獣医師に相談してください。※5
 

目の確認

フクロウの目は、ビタミン量など飼育環境によって変化します。
中には、眼球内白濁や白内障を患うフクロウもいるため、目の色に変化があったら早めに獣医師に相談してください。※5
 
また、アンクレットでフクロウを係留している際、急な動きに対処できず、自分の羽で目を傷つけてしまうこともあります。
まぶたを頻繁に動かしているなどの症状があった場合も、早めに獣医師に相談してください。※6
 

足の確認

フクロウの足が自分の爪やアンクレットなどにより傷つくと、流血をすることがあります。
これがひどくなると化膿から壊死につながることもあれば、骨髄炎に発展し足が変形することや、衰弱、敗血症を発症し死に至ることもあります。
また、バンブルフット(趾瘤症:(しりゅうしょう)という感染症にかかることもあります。
 
バンブルフットの初期症状は、足底の一部の赤みや1mm程度の腫れ、かさぶたなどで、非常にわかりにくいでしょう。
これが進行すると、魚の目のような形の大きなタコ(肉芽腫)ができることや、足の裏の皮膚が破け化膿することがあります。こうなると痛いため、足を挙上することや引きずること、動きが鈍ることがあります。
症状が進むと最終的に足の骨が解けてしまうため、早めの治療が必要です。
 
原因は傷だけではありません。以下のようなこともあります。

  • 体重過多(肥満・腫瘍・腹水などさまざまな原因による)
  • 止まり木が脚に合っていない
  • 片足で止まる癖がある
  • 運動不足 
  • ビタミン不足

けがの予防はもちろんですが、大切なのは足に負担をかけないことです。
ゲージに付属の止まり木は太さが均一なので、天然の木を使用して体重分散をすることや、止まり木を清潔にすること、適正体重を維持すること、爪を切ることを忘れないでください。
 
ダイエットや止まり木の保護、薬の服用だけでは治らないときは、患部の切開や除去手術、最終手段は足の切断です。
 
フクロウをゲージから出した際は、必ず足の裏を確認してください。
 
また、アンクレットは特に硬化するとけがにつながります。すぐに交換してください。
そして、梅雨の時期のけがは化膿につながります。この2つにはより気を付けましょう。※7
 

呼吸の確認

フクロウは普段、口を開けないで呼吸していますが、フクロウには汗腺がありません。
そのため、運動後や暑いとき、緊張をしているときは口呼吸をしてからだの熱を出します。
 
それ以外のときや、じっとしているときに口呼吸が続く場合は、呼吸器などの疾患が考えられます。早めに獣医師に相談してください。※5
 

ペリットや食べ物の確認

フクロウは、骨や羽毛、歯を消化できません。
これらは丸く固めて口から吐き出します。この塊を「ペリット」と言います。
1日1食ならペリットを1回、2食なら2回吐き出します。※4
ペリットを吐き出さないと、基本的には次の食事を食べませんが、食事に骨や羽毛が少なかったときは、吐かないときもあります。この場合は、食事を見せて判断してください。急いで吐き出して食べることもあります。
 
ここで重要なのは、吐いた直後のペリットが臭わないということです。
万が一、吐いた直後のペリットから生臭さや腐ったような臭いがするようなら、消化不良を疑ってください。
肉片が混ざっているとき、溶けているように見えるときも未消化や疾患を疑います。
どちらの際も獣医師に相談してください。※8
 
そして、2回目の食事はペリットを確認してから与えましょう。
ペリットを吐いているのに食べ物を食べない、食いつきが悪いときは、体調不良を疑い、獣医師に相談してください。
 
また、ペリットをよく確認すると、誤飲をしていないかわかるため、毎回確認してみましょう。※5
 

吐き戻しの確認

フクロウは脂肪分が多い食べ物と、ペリット以外を吐くことはありません。
 
車に乗せて酔ってしまった場合や、脂肪分が多い食事を与えたとき以外で食べ物を吐いたら、すぐに獣医師に相談してください。
 
食事の与えすぎで嘔吐した際は、特に注意が必要です。
吐き戻せなかった分がお腹の中で腐り、中毒死することもあるからです。※5

フクロウがかかりやすい病気

鳥の病気の進行スピードは、人間の病気の4倍と言われています。
特に、飛ぶために必要な胸筋の維持にはカロリーが必要なので、食欲低下が3日も続けば筋肉低下により飛べなくなることもあります。
 
フクロウに少しでも異常を感じたら、必ず早めに獣医師に相談してください。
精密検査にも体力が必要です。
 

オウム病(クラミジア菌)

オウム病は、クラミジア菌による人獣共通感染症です。
全身感染なので症状はさまざまですが、初期は体重減少が目立ちます。
他には、以下のような症状が見られます。

  • 食欲廃絶(水の摂取量も落ちる)
  • 低体温
  • 動かなくなる
  • 緑黄の粘液便が出る
  • 羽毛を逆立て、肛門、口、眼孔の周囲が浸出物で汚れる
  • 脚と翼のふるえや麻痺

※9
 
人の場合は、子供は軽症で済むことが多く、主に成人が発症します。
気を付けなければならないのは妊婦で、早産・流産・胎児死亡の危険があります。
 
人間の症状は風邪やインフルエンザに似ている症状から始まり、重度になると敗血症や肺炎・肝炎・胎盤不全などが見られます。
 
口移しで食事を与える行為は避け、排泄物には素手で触れないようにし、部屋の掃除をこまめにしてください。
排泄物の取り扱い後やフクロウに触れた後にはじゅうぶんな手洗いを徹底してください。※10
 

アスペルギルス症

アスペルギルスとはカビの仲間で、屋内外のどこにでもいる真菌です。
 
フクロウも人間も、普段はこの菌と共生していますが、免疫機能が低下していると、この菌による感染症が起こります。
フクロウの場合、アスペルギルス症は難治性で死に至ることもあります。※11.12
 
症状は以下の通りです。

  • 元気がない・疲れやすい
  • 体重減少
  • 口呼吸
  • ボビング(呼吸が苦しいため、尾を上下に振り腹腔内の気嚢をできるだけ大きくして呼吸を補助する行為)
  • 呼吸をするときにヒューヒュー、ゼーゼーなど音がする

食中毒

フクロウの病気は、食べ過ぎや食中毒など食事に起因することが多いと言われています。
特に食中毒はフクロウの死因にもなります。末期の状態で気づくケースも多いため、注意をしてください。※13
 
フクロウは生肉を食べるため、お皿に入れたままになっているとすぐに細菌が繁殖し、食中毒になってしまいます。※14
食べ残しは放置せず、色や臭いが変なときはすぐに廃棄してください。
 
また、購入する食事は状態の良いものしか入っていないとは限りません。
おなかの中に卵黄があるひよこなどは、卵黄の色で良し悪しがわかります。黄色やオレンジなら問題なく、緑色は腐っているなどです。
しかし、ウズラのようにもともと硫黄のような臭いを発するものもあれば、
マウスなど人間に馴染みのない食べ物は判断がつかないこともあります。こうしたものはショップの人や猛禽類の飼育者に聞くなどして、判断してください。くれぐれも勝手に判断することや、もったいないから与える、古くなったものを与えるなどはしないでください。※15
 
食中毒は冷凍餌を与えることで軽減できますが、解凍は4度以下で行い、直接水につけることはやめましょう。※13
そして、処理済みのカット餌は、一度解凍してカットし再冷凍しています。そのため、断面に雑菌がつきやすいことが難点です。肉類は栄養豊富で雑菌が付着しやすいため、カットして冷凍することや、カット餌は避けてください。
常に新鮮な食事を用意し、健康に長生きをさせてあげましょう。※3
 

骨折

フクロウは、着地の失敗や事故などにより偶発的に骨折することがあります。
 
他にも、係留中に暴れて足を骨折することや、放鳥時に翼がぶつかり、翼を骨折することもあります。※13
 
どちらにしろ、フクロウの骨折は飼い主が作る環境によるものが多いと言えるため、飼育環境を見直してください。
床が滑る際はフクロウを扱うペットショップで見るような人工芝を敷くなどして、床が滑らないようにしつつ、事故にじゅうぶん注意をしてください。※16
 

絞扼壊死(こうやくえし)

脱走防止のためのアンクレットが擦れることや、足輪のうっ血から足に傷ができることがあります。
これを放置すると、傷口に菌が侵入し化膿から壊死に向かい最悪の場合、足を切断することにもなりかねません。
 
特に、落ちた排泄物や食べかすがアンクレットについて腐敗することや、アンクレットの皮が劣化することもあります。こうした環境が絞扼壊死の可能性をさらに高めます。※13
 
フクロウなどの猛禽類は足先付近まで羽があり、傷口に気づきにくいと言えますが、取り返しがつかなくなることがあるため、しっかりと観察してください。
そして、アンクレットはまめに外して点検をすると同時に、足を清潔にしてあげることが大切です。※17

フクロウの飼い方

フクロウを飼う際は、近所にフクロウを診られる獣医師を確保してください。
フクロウはトイレなどのしつけはできないので、理想は放し飼いに出来る部屋を1つ丸ごと用意することです。
 
放し飼いが難しい場合は、ゲージでも飼育できます。
ゲージを使う際は、フクロウのからだの3~4倍の広さのものを用意してください。
 
食事は肉食ペット用のマウスやウズラ、ひよこです。
フクロウの喉につまらないよう、様子を見ながらカットして与えてください。
生餌をカットすることができない方は、フクロウの飼育は難しいと考えましょう。なぜなら、飼育されているフクロウの死因の多くは「餓死」だからです。
 
生餌は臓器なども食べられて栄養価が高く、おすすめです。
人間用の生肉は血抜きをされ、骨もないためフクロウには栄養不足です。※18
 

フクロウを買える場所

フクロウはペットショップや生体販売をしているフクロウカフェなどで買うことができます。
フクロウの値段は200,000~300,000円程度ですが、食事代が毎月5,000~10,000円かかります。※19

まとめ
  • フクロウが亡くなったらビニール手袋をはめ、ぬらさないよう気を付けながらからだを清める
  • 箱や保冷剤を用意し、涼しい部屋で安置する
  • フクロウの寿命は小型で10年程、大型で20~30年程
  • フクロウを飼育する際は、近所にフクロウを診られる獣医師がいることが大前提
  • 羽・目・足・呼吸・ペリットや食べ物・吐き戻しの確認がフクロウの健康の秘訣
  • フクロウの食事は肉食ペット用のマウスやウズラ、ひよこ
  • 飼育されているフクロウの死因の多くは「餓死」
参考文献

※1:獣医領域からの人獣共通感染症 2017
https://www.jstage.jst.go.jp/article/dobutsurinshoigaku/27/1/27_15/_pdf
※2:【インコ・オウム・フクロウなど鳥が死んだ時の対処法】処置と火葬・土葬などお骨や埋葬方法
https://xn--5ck1a9848cnul.com/21036
※3:大きめサイズの鳥と楽しく暮らす
https://www.daiwahouse.co.jp/tryie/column/think/withbird/
※4:猛禽類に関する専門用語集【フクロウ・タカ】
https://kururu-owl.com/term/
※5:フクロウの様子をチェック?これは体調不良??
https://xn--88j9a1fza3h6bwiqb8g5b0mo932ejpva.xyz/346.html
※6:鳥類の症例紹介
https://www.masanomori.com/report-bird_2
※7:フクロウの病気
https://xn--88j9a1fza3h6bwiqb8g5b0mo932ejpva.xyz/365.html
※8:【フクロウがペリットを吐かない時は?】頻度・臭い・緑色|動画付き解説
https://akiba2960.com/jp/pellet/
※9:オウム病
https://www.pref.aichi.jp/eiseiken/67f/oumu.html
※10:鳥を飼っている妊婦さんはオウム病に要注意
https://www.city.kaizu.lg.jp/kosodate/0000001443.html
※11:アスペルギルス症
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/16-%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87/%E7%9C%9F%E8%8F%8C%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%82%B9%E7%97%87
※12:【獣医師監修】ふくろうを飼うなら必ず読もう。
https://pet-komachi.com/petinsurance/anicom/owl-howtocare.html
※13:フクロウの【値段・種類・寿命】について徹底解説!
https://sweets-revo.com/lifestyle/2052/
※14:フクロウが餌を食べない時は?食欲不振・元気がない時の原因と対処法
https://akiba2960.com/jp/appetite/
※15:フクロウ飼育初心者⑥ 食中毒回避 食事のルーティン 食事中の事故
https://maddy-owl.muragon.com/entry/252.html
※16:フクロウの飼育方法 ?部屋で放し飼い or 禽舎、ケージ飼い?
https://xn--88j9a1fza3h6bwiqb8g5b0mo932ejpva.xyz/186.html
※17:猛禽類の絞扼
https://www.hab-ah.com/post/%E7%8C%9B%E7%A6%BD%E9%A1%9E%E3%81%AE%E7%B5%9E%E6%89%BC
※18:モリフクロウについて知りたい!特徴を紹介
https://psnews.jp/small/p/52889/
※19:フクロウをペットにしたい!飼育は大変?放し飼い、費用、寿命、餌は?
https://er-animal.jp/pepy/921

ご納得の行く特別なお見送りの形

「ありがとう」が伝わる葬儀にする。そんなお見送りで悲しみを少しでも和らげるよう、私たちはご遺族を支えていきたいと考えています。

生前のお見積りもご相談ください

メールお問い合わせ

この記事のライター

竹田 恵

ペットシッター士
ライター

2017年よりライターとして活動中。子供の頃から動物好きで、猫、ハムスター、うさぎの飼育経験あり。現在はシーズー犬と一緒に暮らしている。犬は他の動物と比べて人間と密な生活になるため、ペット関係の資格を取得した。
プロフィール詳細を見る
ライター・監修者一覧はこちら
ペトリィのコラム
運営元情報
サイト名
ペトリィ 小さな家族のセレモニー
運営会社
シェアリングテクノロジー株式会社
電話番号
0120-220-175 (平日9:00~18:00)
コラムの執筆と編集について

ペトリィではコラム公開にあたり、記事の執筆と
編集に関するポリシーを定めております。
以下のページよりご確認いただけます。

【執筆と編集に関するポリシー】
https://petlly.jp/editpolicy/

霊園・葬儀社をエリアから探す

ペット葬儀専門の相談員に
なんでもご相談ください。

見積もり無料※1
当日葬儀可能※2
24時間365日受付
全国受付

各種クレジットカード利用可能※3

JCB VISA ORICO NICOS DINERS

メールお問い合わせ

※1 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで見積もりに費用をいただく場合がございます。※2 エリア・加盟店により対応できない場合がございます。※3 エリア、加盟店により対応できない、または手数料がかかる場合がございます。