ペット火葬
2021年08月25日

ペット火葬・葬儀にかかる費用の相場は?火葬の種類や体重別の料金表紹介

ペットを火葬する場合、費用はどのくらいかかるのか気になった方は多いことでしょう。 また、ペット火葬にかかる料金はどのような条件で決まっているのかも気になるところです。 この記事では、ペット火葬にかかる費用の相場や、火葬プランなどを詳しくまとめました。

ペット葬儀とペット火葬は費用が違うの? 

ペット葬儀やペット火葬という名前を多く耳にしますが、ペットの場合この二つに違いはありません。
人間の場合、葬儀では火葬だけでなく通夜や告別式なども行うことがほとんどですが、ペットの場合は、葬儀といっても火葬のみがほとんどです。
ですから、ペット葬儀はイコールペット火葬であると言えます。(※1)

ペット火葬の費用は設備、プラン、体重で決まる

ペットの火葬にかかる費用は、2種類の設備と3種類の火葬プラン、ペットの体重で異なります。
また、プランによって費用が異なることはもちろんですが、サービスの内容も異なります。
ここでは、それぞれの特徴や金額の相場を詳しく紹介します。

体重別にみるペット霊園での火葬料金の相場 

ペット霊園での火葬にかかる費用は、ペットの体重と火葬の種類で異なります。
ペットの体重が重くなるほど費用は高くなり、プランも合同火葬、個別一任火葬、個別立会火葬の順で高くなります。
ここでは、体重と火葬プラン別に見る料金表をペトリィを参考に紹介します。

  引き取り合同供養 引き取り個別火葬 家族立会火葬 セレモニー葬
極小動物 8,500円 15,400円 17,600円 42,900円
2㎏未満 15,400円 18,700円 20,900円 46,200円
2~5kg 18,700円 22,200円 24,200円 49,500円
5~10kg 22,200円 25,300円 27,500円 52,800円
10~15kg 27,500円 30,800円 33,000円 58,300円
15~20kg 33,000円 36,300円 38,500円 63,800円
20~25kg 37,400円 40,700円 42,900円 68,200円
25~30kg 42,900円 46,200円 48,400円 73,700円
30~35kg 49,500円 52,800円 55,000円 80,300円
35~40kg 56,100円 59,400円 61,600円 86,900円
40kg以上 62,700円 66,000円 68,200円 93,500円
(※参考価格:ペトリィ https://petlly.jp/price/)

ペット火葬は2種類の設備で費用も変わる

ペットの火葬施設には、「訪問ペット火葬」と「ペット霊園施設」の2種類が存在します。 

訪問ペット火葬とは、ペット火葬のできる設備が整った訪問火葬車で、自宅周辺の適した場所で火葬を行います。
料金は体重とプランによって異なりますが、体重10㎏のペットの場合、合同火葬は15,000円、個別一任火葬は23,000円、個別一任火葬は29,000円ほどが相場です。

ペット霊園では、プランによっては出棺から納骨まで手厚い供養を行うことができます。
料金は訪問ペット火葬より高くなることが一般的です。
料金の相場は体重10㎏のペットの場合、合同火葬は27,500円、個別一任火葬は30,800円、個別立会火葬は33,000円が相場となります。 

ペトリィ 小さな家族のセレモニー
もしもにそなえる生前見積もり
自宅での葬儀
家族立ち合い
セレモニー
家族でお骨上げ
ペトリィのプランを詳しく見る

ペットちゃんのもしもの時、慌てて悔いの残るお別れとならないよう、事前準備が必要です。ペトリィでは生前のご相談も可能です。

ペット火葬のプラン別費用 

ペットの火葬プランには、大きく分けて合同火葬、個別一任火葬、個別立会火葬の3種類があります。
プランによって、費用やサービス内容もさまざまです。
ここでは、3種類の料金相場と特徴を紹介します。

合同火葬の費用 

合同火葬は、ほかのペットと合同で火葬し、その後合同で霊園などに埋葬されます。
3種類のプランの中で最も費用は安く、8,500~6,2700円が相場です。
火葬後に合同で埋葬するため、返骨はありません。

個別一任火葬の費用 

個別一任火葬は、ペットを個別で火葬するため、返骨が可能です。
火葬はスタッフに任せるため、火葬への立会やお骨上げはできません。
費用は3種類の中で中間で、15,400~66,000円が相場です。

個別立会火葬の費用

個別立会火葬は、最も人間の火葬に近い形で行う火葬プランです。
出棺やお骨上げまで立会うことができ、返骨も可能です。
手厚い供養ができますが、費用も3種類の中で最も高額になり、17,600~68,200円が相場です。

ペットの火葬にどうしてもお金が出せない場合

ペットの火葬にお金をかけられないという方は、自治体に引き取ってもらう方法があります。
自治体では、ペット火葬業者よりも安い金額で引き取ってもらうことが可能です。
市町村によって対応や料金は大きく異なり、費用の相場は無料(保健所等)~30,000円と幅広です。 
ペット火葬業者のように手厚く火葬するのではなく、ゴミとして処分することが多く、原則返骨はありません。
ペットの供養という面ではおすすめできるものではありませんが、気になる方はペットを登録している(お住まいの)役所に確認をとると良いでしょう。(※3:一例)

まとめ
  • ペット葬儀とペット火葬の内容は同じ
  • 火葬費用は2つの設備、3種類の火葬プラン、ペットの体重で異なる
  • どうしても火葬業者に頼むお金がない場合は自治体に依頼する方法がある

ペットの火葬にかかる費用は、設備や火葬内容、ペットの体重によって異なります。
小型なペットであるほど費用は安くなり、大型なペットほど高額になります。
特に、これから大きなペットのお迎えを検討している方は、亡くなった際、どれくらい火葬に費用が掛かるのかある程度把握しておくことも大切です。
また、どうしても火葬業者に頼むことが難しい場合には、自治体で引き取ってもらうことも可能ですが、ペットの供養という面を考えると、あまりおすすめできません。
ペットの飼い主は、ペットが亡くなった後にかかる費用もきちんと計算をしておくことが大切でしょう。

参考文献

※1:ペット葬儀(火葬)にかかる費用の相場はいくらぐらい?
https://www.pet-farewell.net/column/rate/(参照2021-8-25)
※2:犬や猫のペットの火葬費用はいくらくらいかかるの?ペット火葬料金の相場を知る。
https://xn--vsq81f633bhk6a.net/2017/01/03/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E7%81%AB%E8%91%AC%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%81%AE%EF%BC%9F/(参照2021-8-25)
※3
ペットの火葬について 南陽市
http://www.city.nanyo.yamagata.jp/inuneko/680(参照2021-8-25)
死亡した犬猫等の焼却に関する申込書 | 函館市
https://www.city.hakodate.hokkaido.jp/shinsei/docs/2016060800014/(参照2021-8-25)

ご納得の行く特別なお見送りの形

「ありがとう」が伝わる葬儀にする。そんなお見送りで悲しみを少しでも和らげるよう、私たちはご遺族を支えていきたいと考えています。

生前のお見積りもご相談ください

メールお問い合わせ

この記事のライター

原 京子

動物看護士
ライター

24時間急患対応の動物看護士として勤務。 その後、動物園飼育スタッフやペットショップ生体販売員など数多くの動物業界を経験し、現在はペットと飼い主さんへwebライターとして正しい知識を配信している。
プロフィール詳細を見る
ライター・監修者一覧はこちら
ペトリィのコラム
運営元情報
サイト名
ペトリィ 小さな家族のセレモニー
運営会社
シェアリングテクノロジー株式会社
電話番号
0120-220-175 (平日9:00~18:00)
コラムの執筆と編集について

ペトリィではコラム公開にあたり、記事の執筆と
編集に関するポリシーを定めております。
以下のページよりご確認いただけます。

【執筆と編集に関するポリシー】
https://petlly.jp/editpolicy/

霊園・葬儀社をエリアから探す

ペット葬儀専門の相談員に
なんでもご相談ください。

見積もり無料※1
当日葬儀可能※2
24時間365日受付
全国受付

各種クレジットカード利用可能※3

JCB VISA ORICO NICOS DINERS

メールお問い合わせ

※1 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで見積もりに費用をいただく場合がございます。※2 エリア・加盟店により対応できない場合がございます。※3 エリア、加盟店により対応できない、または手数料がかかる場合がございます。