ペットロス
2022年03月01日

ペットロスになりやすい人の特徴とは?病院を受診するタイミングや克服方法紹介

ペットロスは、愛するペットを亡くした方の多くが経験しますが、症状が長引いたり重症化したりしやすい人には、いくつか特徴があります。 生活がペット中心だった方や、後悔の念が強い方などが該当します。 この記事では、ペットロスになりやすい人の特徴や、病院を受診するタイミング、克服方法などを詳しくまとめました。

ご葬儀をお急ぎの方

プランや費用などの詳細はこちら

ペットロスになりやすい人の特徴 

ペットロスになりやすい人の特徴は、性格と日常生活とに分けられます。
ここでは、それぞれの特徴を詳しく紹介します。

性格的特徴 

以下のような性格の方は、ペットロスになりやすい傾向があります。

  • 真面目で責任感が強い
  • 感受性が豊か、感情の起伏が激しい

真面目で責任感が強い

真面目で責任感が強い方は、ペットの死を自分のせいだと感じやすく、自分を責めてしまいがちです。
また、弱い面を見せることが苦手な場合、一人で悲しみを抱え込んでしまうことも少なくないでしょう。
自分を責めることや後悔をする、悲しみを一人で抱え込むことは、ペットロスになりやすい人の特徴です。※1

感情の起伏が激しい、感受性が豊か 

感受性が豊か、感情の起伏が激しい方も、ペットロスになりやすい性格といわれています。
ペットの感情に共感しやすく、亡くなった際の悲しみを人一倍感じてしまいがちです。
また、感情の起伏が激しい人も愛するペットとの別れに、大きなショックを受けてしまうことがあります。

日常生活の中でのペットとの接し方 

日々のペットとの生活の中でも、ペットロスになりやすい環境があります。
ペットロスになりやすい生活環境は、以下の通りです。

  • 一人暮らしでペットが一番身近な家族だった
  • ペット中心の生活を送っていた

一人暮らしでペットが一番身近な家族だった

一人暮らしで生活しており、ペットが一番身近な存在(家族)だった場合、亡くなったことで大きな喪失感になやまされることは少なくありません。
家に帰っても迎えてくれる家族(ペット)がいないなど、ペットを失ったことで強い孤独を感じることは、ペットロスにつながりやすい特徴の一つです。※2

ペット中心の生活を送っていた 

ペットを愛しすぎるあまり、家事や趣味など自分やほかの家族のことより、ペット優先の生活を送っていた場合、亡くなった際のショックは計り知れないでしょう。
何をするにもペットが優先、家にいる時間の多くをペットに話しかけたり遊んだりして一緒に過ごすなど、ペット中心の生活を送っていた方は、ペットロスになりやすい傾向にあります。

ペットロスは誰にでも起きる

私たちは大切な人を亡くした時、悲しみ落ち込んでしまうものです。
ペットを亡くし精神的・身体的不調状態になってしまうことをペットロスと呼びますが、大切なペットを亡くしたことで悲しみ落ち込むことは人として正常な反応といえます。
ペットロスになることは、決して心が弱いとか特別だとかではなく、誰にでも起こる症状であることを理解する必要があります。※3

ペットロスの症状

ペットロスになると、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、ペットロスに多く見られる症状を紹介します。

  • 突然悲しくなる、涙が止まらなくなる
  • 無気力
  • 不眠
  • 食欲低下
  • 情緒不安定

ペットロスになると、落ち込んだ状態が続く、何もする気力がない、食欲がない、眠れないなどといった身体的症状と精神的症状が現れます。
症状の種類や重さ、回復までにかかる期間は個人差があります。

ペットロスにならないために備えておくこと 

ペットとの別れは、いつか必ず訪れます。
いざペットが亡くなった際、ペットロスにならないためには、生前から備えておくことが大切です。

  • ペットとのお別れを覚悟しておく
  • お別れが近くなった際、周りの人に話す
  • 死んだ後に何をすればよいか知っておく
  • 悲しみを共有できる家族や仲間の存在

いつか別れが来ることから目を背けず、病気や老衰など別れの兆候が来たら、その状態を誰かに打ち明けることで、心の準備がつきやすくなります。
また、亡くなったらどうする必要があるかを書き出しておくことや、悲しみを打ち明けることのできる人(家族やペット仲間)を作っておくこともペットロス対策につながります。※4

ペットロスを乗り越える方法

ペットロスを乗り切るために要する期間には個人差があります。
症状を少しでも早く緩和するために試したい方法は、以下の通りです。

  • 思い切り悲しむ
  • 苦しい気持ちを経験者に打ち明ける
  • ペットとの思い出を整理する
  • 祭壇やお墓を作る
  • 新しいペットを迎える

※5

思い切り悲しむ

ペットが亡くなった悲しみを、我慢してはいませんか?
思い切り悲しむ、泣くという行為は、ストレスホルモンを体外に排出する効果や、自分を解放して心を元気にするために、有効とされています。
悲しい気持ちを我慢せずに、思い切り悲しみ泣くことも大切です。 

苦しい気持ちを経験者に打ち明ける

今、苦しんでいる気持ちを誰かに打ち明けることは、気持ちが紛れる、孤独感から解放されるといった効果が期待できます。
話す相手は、できればペットロス経験者がよいですが、ペットロスに理解のある家族や友人でも構いません。
ペットやペットロスに理解のない方に話してしまうと、逆効果になることもあるため注意が必要です。

こちらの記事もご覧ください
ペットロス
2022年01月05日
ペットの死から立ち直れないときはどうしたらいい?克服方法紹介

ペットとの思い出を整理する 

ペットとの思い出の写真を見返してアルバムを作ったり、写真を飾ったりすることもペットロスの軽減につながります。
写真を見返すことは、楽しかった、嬉しかった、大変だったなど、さまざまな思い出を振り返ることができ、精神的な安定につながります。

こちらの記事もご覧ください
ペットロス
2021年12月16日
亡くなったペットの写真は飾るべき?ペットロス回避や供養方法など紹介

祭壇やお墓を作る

ペットロスは、祭壇やお墓を作るなど、しっかりと供養をすることでも気持ちの安定につながります。
祭壇を作り、遺影や遺骨、供物を供え、毎日手を合わせることで、気持ちを落ち着かせることができます。

また、お墓への納骨は無理に行う必要はなく、気持ちの整理がついてからでも遅くはありません。
お墓には、遺骨の一部をペンダントに入れるグッズもありますので、納骨する際の参考にしてみてくださ

こちらの記事もご覧ください
ペットロス
2021年06月11日
ペットを手元供養する方法~グッズの必要性やメリットデメリット~

新しいペットを迎える 

新しいペットをお迎えすることは、飼い主さんの心を動かす原動力につながります。
しかし、一時の感情や無理にお迎えするのではなく、タイミングや心の準備が必要です。

こちらの記事もご覧ください
ペットロス
2022年01月05日
ペットロスを新しいペットで乗り越える…お迎えのタイミングや注意点紹介

医療機関を受診するタイミングは?

ペットロスは時間の経過とともに改善に向かいますが、中には重症化してしまう場合もあります。
重症化すると、うつ病につながるケースもあり、主に以下のような症状が現れます。

  • 表情が暗い
  • 自分を責めてばかりいる
  • 涙もろくなった
  • 落ち着かない
  • 食欲がない
  • 不眠または仮眠
  • 倦怠感・疲れやすい
  • 便秘や下痢
  • どうき、めまい

上記のような症状が1カ月以上続いており、私生活に影響が出ている場合には、医療機関の受診をおすすめします。※6

まとめ
  • ペットロスは、責任感が強い、感受性が豊かといった性格や、ペット中心の生活を送っていたなどの生活環境の人になりやすい傾向がある
  • ペットロスは誰にでも起こる
  • ペットロスにならないためには、覚悟をしておくなど備えが必要
  • ペットロスを乗り切るには、思い切り悲しむ、苦しい気持ちを経験者に打ち明ける、ペットとの思い出を整理するなどの方法がある

ペットロスは、ペットを飼う以上、多かれ少なかれ誰もがいつかは体験することです。
そのため、ペットを飼う方は、ペットロスというものを理解し、備えておくことで重症化のリスクを軽減しやすくなります。

ペトリィ 小さな家族のセレモニー
もしもにそなえる生前見積もり
自宅での葬儀
家族立ち合い
セレモニー
家族でお骨上げ
ペトリィのプランを詳しく見る

ペットちゃんのもしもの時、慌てて悔いの残るお別れとならないよう、事前準備が必要です。ペトリィでは生前のご相談も可能です。

参考文献

※1:ペットロスになりやすい人の7つの性格的特徴
https://ranove.sakura.ne.jp/pet/2018/10/23/139/
※2:ペットロスになりやすい人の特徴5つ
https://wanchan.jp/living/detail/9575
※3:ペットロスを乗り越えよう
https://www.petsougi.net/feature/feature02.html
※4:私が深いペットロスにならなかった理由/ペットロスにならない為に備える事、今できる事
https://www.amimono.co.jp/wp-memory/moneko-blog/post-8572.html
※5:ペットロスによって現れる症状とは?
https://www.lonite.jp/edu/how-to-get-over-pet-loss.html
※6:うつ病|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html

ご納得の行く特別なお見送りの形

「ありがとう」が伝わる葬儀にする。そんなお見送りで悲しみを少しでも和らげるよう、私たちはご遺族を支えていきたいと考えています。

生前のお見積りもご相談ください

メールお問い合わせ

この記事のライター

原 京子

動物看護士
ライター

24時間急患対応の動物看護士として勤務。 その後、動物園飼育スタッフやペットショップ生体販売員など数多くの動物業界を経験し、現在はペットと飼い主さんへwebライターとして正しい知識を配信している。
プロフィール詳細を見る
ライター・監修者一覧はこちら
ペトリィのコラム
運営元情報
サイト名
ペトリィ 小さな家族のセレモニー
運営会社
シェアリングテクノロジー株式会社
電話番号
0120-220-175 (平日9:00~18:00)
コラムの執筆と編集について

ペトリィではコラム公開にあたり、記事の執筆と
編集に関するポリシーを定めております。
以下のページよりご確認いただけます。

【執筆と編集に関するポリシー】
https://petlly.jp/editpolicy/

霊園・葬儀社をエリアから探す

ペット葬儀専門の相談員に
なんでもご相談ください。

見積もり無料※1
当日葬儀可能※2
24時間365日受付
全国受付

各種クレジットカード利用可能※3

JCB VISA ORICO NICOS DINERS

メールお問い合わせ

※1 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで見積もりに費用をいただく場合がございます。※2 エリア・加盟店により対応できない場合がございます。※3 エリア、加盟店により対応できない、または手数料がかかる場合がございます。