お客様満足度96%※1

メニュー 閉じる

どんなご相談でも
お待ちしております。

24時間365日受付 0120-892-038

ご相談・お問い合わせ
ペットロス

2022.01.05

2022.11.14

ペットの死から立ち直れないときはどうしたらいい?克服方法紹介

大切な家族であるペットを亡くした飼い主さんは、悲しみからペットロスを経験する方も少なくありません。
ペットロスは、時間とともに改善されるといわれますが、不眠や食欲低下、意欲低下などの症状。悲しいという感情をなかなか克服できず、悩んでいる方は少なくないと思います。
この記事では、ペットの死から立ち直れない方に試してほしい方法などを詳しくまとめました。

ペットロスの主な症状

ペットロスは、「ペットの別れ、喪失感がストレス」が契機となり発症する精神的な疾患です。ペットを亡くした方の69%が経験しているという調査結果も出ています。
ペットロスの主な症状は、以下の通りです。

  • 落ち込み
  • 後悔、罪悪感
  • 情緒不安定
  • 無気力
  • 倦怠感
  • 過呼吸
  • 持病の悪化
  • 摂食障害
  • 睡眠障害
  • 幻聴・幻覚 など

ペットロスの症状は、人によって異なるため、絶対にこれらの症状が当てはまるとは言い切れません。
上記の様な症状が、2週間以上続く場合や、私生活に影響が出てつらい場合には、早めに病院に相談をしましょう。(※1.2.3)

ペットロスを乗り越えるために

ペットロスは、早く治さなければと思うほど、ペットロスの症状が長く続いてしまうといわれています。
ペットロスを乗り越えるために、試したい方法を紹介します。

  • きちんと悲しむ
  • 泣きたいときは泣く
  • 無理に元気になろうと思わない
  • できる限り毎日のルーチンはこなす
  • 同じ経験をした仲間と話す

この中で、自分にできそうなものからチャレンジしてみると良いでしょう。
項目ごとに詳しく解説をします。 (※4)

「ペットロスを乗り越えないと」気持ちを持ちすぎない

ペットロスで苦しんでいる方の中には、「早く治さなければと」と焦ってしまうことも珍しくありません。
焦れば焦るほど症状が悪化したり、うまくいかなかったりするものです。
ペットロスはペットを亡くした方の多くが体験する症状です。
自分を責めるのではなく、私はそれだけその子を大切に思っていたのだと気持ちを切り替え、無理に乗り越えようとせず、思い切り悲しむ時間だと割り切ることも必要です。
また、ペットロスを克服するのにかかる期間は人それぞれです。
自分のペースで改善に務めましょう。

思い切り悲しむ

亡くなったペットに心配をかけないためにも、「悲しんではいけない」「泣いてはいけない」と感情を押し殺してはいませんか?
思い切り泣く、悲しむという行為は、ストレスホルモンを体外に排出するデトックス効果や、リラックス効果、自分を開放する効果など、心を元気にするために非常に有効とされています。
泣きたいときは泣く、悲しいときは悲しむ時間を設けることも必要です。(※5)

誰かに悲しみを打ち明ける

悲しい気持ちを、一人で抱え込んではいませんか?
悲しい、つらい気持ちを、誰かに話すこともペットロス緩和に非常に有効とされています。

悲しみをほかの人に話すことで得られるメリットは、以下の通りです。

  • 悲しみは変わらなくても、聞いてもらえたことで気持ちが軽くなる
  • 孤独ではないと感じられる
  • 気持ちが紛れる

できればペットロスの経験がある方に話せることが一番ですが、話しを聞いてくれる友人・家族などでも構いません。
ただし、話す相手は聞き手になってくれる人がペットロスに理解のない方の場合は、逆効果になってしまう場合があるため注意が必要です。(※6)

からだを動かしてリフレッシュする

からだを動かすと交感神経が優位になり、前向きになりやすくなると言われています。

家から出たくない、誰かに会うかもしれないから嫌だ、と思うかもしれません。
しかし、長い間家の中に閉じこもった生活は体調不良を起こしかねません。

外に出るのが嫌なら、窓を開けて外の空気を吸い、深呼吸や伸びをするだけでも良いでしょう。できることから始め、徐々に散歩などに変えていけば、睡眠の質も変わるはずです。※1

趣味や習い事を始める、好きなことに没頭する

大切なペットのことを忘れる必要はありませんが、ふと思い出してふさぎ込んでしまうことが辛いと感じたら、何かに没頭してみてください。

新しい習い事を始めるのも良いでしょう。
日常の中に少しだけ違うものを取り入れて、別のことを考えてみてください。

部屋の模様替えをしてみる

部屋の模様替えは気分転換になるでしょう。
例えばテーブルの位置を変える、カーテンを新しくするなど、今まで生活していた空間を少し変えるだけでも、今まで持っていたイメージから変わります。

そして、できればペットの遺品を整理しながら行えば、より効果があるでしょう。
気持ちだけではなく、物理的にも区切りをつけることができるからです。

思い出を振り返る

ペットの遺品を整理するときは、思い出を振り返りながら行ってみてください。
全てを処分する必要もなければ、すぐに処分する必要もありません。

特に楽しかった思い出が沢山残った品々は納得できるまで手元に置き、メモリアルボックスを作って仕舞っておいても良いのです。
無理なく、ペットとの思い出を振り返ってみてください。

しっかりとした供養(埋葬)をする

ペットの葬儀をした後のご遺骨は手元供養が可能です。ただし、ご遺骨はきちんとした供養をした方がより気持ちを切り替えやすくなります。

なぜなら、手元供養が長引くといつまでもペットが側に居てくれるような感覚に陥り、なかなかペットの死を受け入れられないことがあるからです。そうなると、ペットロスがより長引いてしまいます。

ご遺骨は納骨・埋骨・散骨、どの方法でも構いませんが、筆者のお勧めはお墓や納骨堂への納骨です。お墓や納骨堂への行き来は気分転換になるでしょう。
さらに、永代供養付の施設なら、飼い主や子孫が亡くなったあとも無縁仏になることなく、ペットの供養をしてもらえる安心を得ることができるからです。

ご遺骨を土に埋める埋骨や、散骨を選ぶ際は、他人の土地や河川など水源の近く、公共の場所、許可されていない海や山での埋骨・散骨はやめましょう。

散骨を選ぶ際は、ペットの散骨ができる霊園や海洋散骨を選び、埋骨を選ぶなら私有地である自宅の庭で埋骨をしてください。

専門家のカウンセリングを受ける

ペットロスの専門家のカウンセリングを受けてみましょう、ひとりで悩むことはしないでください。
特に、からだにも症状が出るペットロス症候群になってしまった方、鬱状態に近くなってしまった方、眠れない・食べられないが続く方は迷わずに専門家を頼ってください。

ペットロスはひとりではどうにもならないときがあります。無理をせずに頼りましょう。※1

死を前向きに捉える

愛したペットが亡くなったら誰もが悲しみます。それが普通です。同時に、誰にでも死はやってきます。
悲しみに暮れたまま、飼い主が弱っていく様を見たらペットはどう思うでしょうか。

ペットは飼い主と別れるため、悲しませるために一緒に暮らしていたわけではありません。
楽しかった沢山の思い出をしっかりと思い出してみてください。

きっと側で心配しているであろうペットを安心させるために、少しで良いので前向きに捉えてみてください。

新しい子を迎える

ペットロスを改善する方法の一つとして、新しいペットをお迎えする方法もあります。
アイペット損害保険株式会社の調べでは、ペットを失った悲しみを癒やすきっかけとして、32.7%が新しいペットをお迎えしたと回答しています。
新しいペットをお迎えすることも、沈んだ心に元気をくれるでしょう。
しかし、心の整理がついていない状況で新しいペットを飼うことは逆効果になることもあるので注意が必要です。(※7)

こちらの記事もご覧ください

アンケート調査から見るペットロスの乗り越え方

ペットロスを乗り越える方法は人それぞれです。
アイペット損保のアンケート「世代別・ペットロスの乗り越え方」では、若い世代ほどペットロスが軽いとわかりました。
これは、周りの環境を変えることがペットロスの軽減に繋がることの裏付けと言えるでしょう。

どの世代でも多かったペットロスの乗り越え方は、「新しいペットを迎えること」でした。しかし、前述の通り心の整理がついていない状況で新しいペットを飼うことは逆効果になることもあります。
ペットロスの軽減のためだけに新しいペットを飼うのは、注意が必要です。

次に多かったのが、「楽しかった時の思い出をつづる」です。
思い出を振り返ることで心の整理ができると同時に、ペットと一緒に過ごすことは悲しいことではないと、自分に言い聞かせられるのかもしれません。

「形見をつくる」「仕事やボランティアで動物と関わる」という回答が次いで出てきています。これらは学生に多い傾向にあります。
特に、「形見をつくる」は10代で19.3%、20代で12.1%、他の世代平均は2.0%と顕著な結果です。

「仕事やボランティアで動物と関わる」は、10代で8.8%、20代で4.5%、他の世代平均は0.7%でした。※8

回復までのプロセス

回復の方法や期間を知った上で、ペットロスからの回復に至るプロセスを確認してみましょう。

ペットロスは、以下のようなプロセスを経て回復していきます。

1. ターミナル期
「余命宣告」があり、不安や絶望に苛まれます。獣医師に裏切られたと感じる方もいるでしょう。しかし、ターミナル期はペットと別れるための「心の準備期間」です。
事故など突然死のケースではこの期間が設けられないので後悔が大きくなることがあります。

2. 死

3. 衝撃期
ペットが亡くなった直後は誰もが心の防衛反応を起こし、一時的に感覚や感情がマヒします。死を受け入れられず、号泣し、苦悶し、パニックを起こすこともあるでしょう。中には希死念慮や不眠、摂食障害を起こす方もいます。

4. 悲痛期
悲痛期はペットの死が現実のものであると理解する期間であり、ペットロスを重くしないためには最も重要な期間です。

死が現実であると理解することで絶望や後悔、罪悪感、憎しみ、怒りなど負の感情がメインとなるため、悲しみがより深くなります。
このときは、存分に悲しむことが大切です。

思い切り悲しむことは、ペットロスを乗り越えるために必要なことなので、これを抑圧することはペットロスからの回復を遅らせます。

5. 回復期
死が現実であると理解したら、次に受け入れるプロセスに移ります。
それが、回復期です。

悲しいことだけではなく、楽しかったことを少しずつ思い出し、次に向かいます。
もちろん、悲痛な感情もゼロではありません。悲痛期と回復期は交互に繰り返しながら再生期に向かうと考えてください。

6. 再生期
ペットに感謝ができるようになり、死を肯定的に振り返られるようになり、ペットロスからの回復と言えるでしょう。※3

ペットロスが長引く原因

ペットロスから乗り越えるために必要な期間は、人それぞれです。
しかし、あまり長引いてしまうと、私生活に影響を与えてしまいます。
どのような事が、ペットロスを乗り越える障害になるのでしょうか?
ここでは、ペットロスが長引いてしまう原因を紹介します。

自分を責める・後悔が強い

ペットロスから立ち直れない方の多くは、ペットの死に対し「自分の責任」や「後悔」を感じています。
「自分があのとき、ああしていれば…もっとこうしていれば…」という責任や後悔が強いほど、ペットロスを長引かせてしまうでしょう。
後悔をしないためにも、ペットが元気なうちから「後悔をしない飼い方」を心がけることが必要です。
また、既に亡くなってしまった子の場合は、その子で経験した後悔を整理することでいつか新しい子をお迎えした時などにいかすことができるでしょう。

話す相手がいない

周りにペットを飼っている人がいない、悩みを相談できる人がいないなど、ペットを亡くした悲しみを誰にも話すことができない場合も、長引く原因につながります。
話しを聞いてくれそうな人がいれば、勇気を出して話してみることやSNSなどの情報を共有できる場所を探してみる、ペットロスの相談所を利用するなどして、心の内を誰かに相談することもペットロス改善に有効とされています。

悲しむことを拒否している

「自分は強い人間だ」「たかがペットの死で泣くのはおかしい」「悲しんでも仕方がない」など、悲しむことを拒否してしまうことは、逆効果になることもあります。
悲しみ、泣くことは、ストレスを排出しリラックス効果や心の整理をつけやすくするためにも有効とされています。
自身の心と向き合い、衝動のまま思い切り悲しみ泣いてみるのも解決策になるでしょう。

心の準備ができなかった(突然死など)

老衰や、病が悪化したなどで死亡する場合と異なり、交通事故などの突然死は、心の準備ができないため、大きな喪失感からペットロスに陥りやすいとされます。
また、突然死は飼い主にとって自分を責める・後悔にもつながります。
突然死を予測し食い止めることは難しいのですが、生きているうちに定期的に健康診断に連れていくことや後悔のない飼育をすることも大切です。

乗り越えるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、上記で述べた方法や、同じような経験をした方と意見を共有するなどして、少しずつ治していきましょう。

ペトリィ 小さな家族のセレモニーペトリィ 小さな家族のセレモニーご納得の行く特別なお見送りの形

「ありがとう」が伝わる葬儀にする。そんなお見送りで悲しみを少しでも和らげるよう、 私たちはご遺族を支えていきたいと考えています。

  • 自宅での葬儀

  • 家族立ち合い

  • セレモニー

  • 家族でお骨上げ

  • 骨壺に納めご返骨

  • 霊園への埋葬

通話料無料ご相談だけでもお受けします

0120-892-038

まとめ

  • ペットロスは最愛のペットを亡くした喪失感から来るもの
  • 情緒不安定や過呼吸、めまい、倦怠感、食欲不振、睡眠障害などが発症する
  • ペットロスを乗り切るためには、「無理に治そうと頑張らない」「思い切り悲しむ」「誰かに話す」「新しい子を迎える」などの対策が有効とされている
  • ペットロスが長引く原因は「責任・後悔」「相談できる人がいない」「悲しむことを拒否する」「心の準備ができなかった」などがある

ペットロスは、ペットを亡くした方の多くが体験しています。
症状の重さや乗り越えるためにかかる期間は人それぞれですので、焦らず自分のペースで治療をすることが大切です。

よくあるご質問

  • Q

    ペットロスから立ち直れないから仕事を休みたい。理由は正直に告げるべき?

    A

    仕事を休む理由を正直に話す必要はありません。

  • Q

    ペットが亡くなってから家族と気持ちの差を感じます。悲しいと思えないのかな?

    A

    悲しみを隠す人、いつもよりも深く仕事などに没頭する人、辛すぎて怒った口調になる人もいます。悲しみ方は人それぞれなので、お互いの気持ちを察し、支え合うことが大切です。※9

  • Q

    子供のペットロスが不安です。どう対応すれば良いですか?

    A

    まずは子供の心に寄り添い、一緒に悲しむことです。改めて死について教える必要はありません。※10

参考文献

※1.2.3
ペットロスを乗り越える方法12選!家族・周囲の人の接し方
https://media.thisisgallery.com/20215614
ペットロスとは「最愛のペットを失う喪失体験」
https://allabout.co.jp/gm/gc/469754/
【ペットロスとうつ】自己解決が困難な場合は早めに医療機関へ
https://www.shinjuku-stress.com/column/psychosomatic/pet/
※4:ペットロスを乗り越えるには…「悲しみを、忘れようとする必要はない。感情は日記に」と専門家
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c8561895ff1e05da20e1a70f152b213cbe88b96
※5:「泣く」ことで得られる心身のメリット
https://heisei-ikai.or.jp/column/tears/
※6:喜びや悲しみを共有することのメリットとデメリット
https://www.meridemeto.com/ningenkankei/430/
※7:ペットと別れた飼い主の 6 割が何らかの不調を感じた経験を持つ
https://www.ipet-ins.com/wp-content/uploads/8%E6%9C%88%E8%AA%BF%E6%9F%BB%EF%BC%9A%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%8A%E5%88%A5%E3%82%8C.pdf
※8:経験者から学ぶ|ペットロスから立ち直る人/立ち直れない人
https://pedge.jp/reports/petloss-data/
※9:【ペットロス】家族間の温度差がつらい。
https://soyofuku-pet.com/petloss-tsurai
※10:子供のペットロスへの向き合い方。気持ちの整理をつけるには。
https://joyful-ak.com/column/29

ご納得のいく特別なお見送りの形

「ありがとう」が伝わる葬儀にする。そんなお 見送りで悲しみを少しでも和らげるよう、私た ちはご遺族を支えていきたいと考えています。

生前のお見積りもご相談ください

通話料無料ご相談だけでもお受けします

0120-892-038

※1当社運営ペット葬儀サービスに対するお客様アンケート:詳細はこちら ※2 弊社運営ペット葬儀サービス全体のお問い合わせ件数

この記事の執筆者

原 京子氏

動物看護士
ライター

原 京子氏

動物看護士
ライター

24時間急患対応の動物看護士として勤務。
その後、動物園飼育スタッフやペットショップ生体販売員など数多くの動物業界を経験し、現在はペットと飼い主さんへwebライターとして正しい知識を配信している。

運営元情報
サイト名 : ペトリィ 小さな家族のセレモニー
運営会社 : シェアリングテクノロジー株式会社
企業サイト : https://www.sharing-tech.co.jp
電話番号 : 0120-220-175 (平日9:00~18:00)

コラムの執筆と編集について

ペトリィではコラム公開にあたり、記事の執筆と 編集に関するポリシーを定めております。 以下のページよりご確認いただけます。

【執筆と編集に関するポリシー】https://petlly.jp/editpolicy/

ペトリィコラム人気記事

カテゴリから探す

タグから探す

執筆者から探す 一覧

コラムの執筆と編集について

ペトリィではコラム公開にあたり、記事の執筆と 編集に関するポリシーを定めております。 以下のページよりご確認いただけます。

【執筆と編集に関するポリシー】https://petlly.jp/editpolicy/